【園長ブログ】起業家教育

7月8日の教育新聞1面よりS__31801396

起業家教育は大賛成です。文中にもあるように、決して起業家になり独立するためだけの教育ではなく、既存の組織に属するタイプの働き方だとしてもメリットは大きいはずです。

「指示待ち」「受け身」といった姿勢ではなく、「自分がその組織の長だったら?」「自分が決定権を持つ責任を背負う人間だったら?」といった考え方のできる社員が増える方が、その組織は絶対により良く強くなります。

ただし、もちろん既存の教育現場に早期からの英語、プログラミング、起業家教育、キャリア教育、、、と従来からのカリキュラムにどんどん教えることが追加されていることも事実。

現場の先生方の負担を軽減し、強みを最大化できるような支援体制がバックヤードに必要ですね。

言うは易し、行うは難しで教育現場の働き方改革はなかなか遅々として進まない部分も多いとは思いますが。

カテゴリー: blog, 園長ブログ パーマリンク