【園長ブログ】10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」

以前に読んだ、教育改革実践家 藤原和博先生の「10年後、君に仕事はあるのか?未来を生きるための『雇われる力』」を読み直しました。

これまでに人類が経験したことのない速さで変わっていく時代の中で、これからの子供達がどのような能力を身につけて社会に出ていくべきなのか。

本著は中高生向けに書かれていますが、保護者の皆様にもお勧めです。

2017年に出版されたこの本の中で著者の藤原先生が語るのは10年後。2027年。

今、パルクルに通ってくれている子供達が高校や大学を出て世の中にでるのは、2030年代半ば。

この本が語るよりさらに先の未来ですが、たくさんのヒントがこの本には詰まっていると思います。

カテゴリー: blog, 園長ブログ パーマリンク