【園長ブログ】英検では英語以外の知識も必要で幼児にはなかなか難しい

パルクルでは、園児達が頑張って年3回の英検(英検Jr含む)に挑戦しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

ただ、英検も級が上がるにつれ、英語以外の社会常識を踏まえて答えることを問われる問題も少しづつ増えてきて、そもそも人生経験や社会に関する基礎知識にハンデがある幼児には難しい部分もあります。

例えば準2級レベルの、空白を適語で埋めるこのような問題。

The price of coffee has been falling. This is (    ) more and more countries around the world have started to produce it.

  1. why
  2. because
  3. whether
  4. how

ただでさえ、This is why…..なのかThis is because…なのか、という真逆の因果関係を整理して答えることは難しいことに加え、

コーヒーの価格が下がったのはより多くの国がコーヒーを生産するようになったから、

というような基礎的な経済の仕組みは、4歳・5歳の普段の生活とはかなり縁遠いですよね。

せめて、We don’t go to park. That’s (     ) it is raining today.

レベルの問題だったらいいのに、と思いますが。 😆

そんなチャレンジをしているパルクルの子供達でした。

カテゴリー: blog, レッスン:英検, 園長ブログ パーマリンク