【園長ブログ】緊急事態宣言の解除を受けて

昨日5月21日に緊急事態宣言が我々の在る兵庫県を含む関西3府県で解除になりました。

まずは、今のところ当園においては生徒、当園で把握している限りでのご家族の皆様、職員一同、職員家族に陽性判定等も発生せずにこの日を迎えることができた安堵と

そのために各家庭での健康管理に日々ご尽力いただいた保護者の皆様へ改めて御礼申し上げたいと思います。

 

緊急事態という指定は終わったとは言え、感染リスクをできるだけ避けながら、慎重にウィルスと付き合っていかなければいけない時期はまだまだ続きます。そして、その環境下で幼児期のお子様をお預かりするという責任の重大さも引き続き職員一同十分に認識しながら、健康管理・衛生管理に努めながら園運営をしてまいりたいと思います。

 

手洗いの励行や、換気、施設の消毒等、具体的な行動レベルでは警戒を高めながらということは言うまでもありませんが、おおかた園生活は通常に戻ると考えております。

保護者様にはまた別途お伝えしてまいりますが、いくつかの園行事の中止や延期はあるものの、様々な園行事もそれぞれの内容を修正しながら実施してまいりたいと思います。

毎年のサイクルでもある次年度新入園をお考えのお子様・保護者様に対してのご見学やご説明の対応も実施していきます。

 

Survival of the Fittest という言葉があります。「fit=適応している」もののみが生き残る、という意味です。この度の大きな大きな出来事を一つの教訓、より良くなるための一つの機会と捉え、もちろん決して競争を助長したり、自分たちがだけが生き残るというような自己中心的な意味合いではなく、

様々な外部環境に柔軟に適応し、その時その時の最善の形を保っていくというような姿勢を、当園としても、私個人としても持っていきたいと感じています。

 

最後に、本日は月度の身体測定の日でした。このような状況でも子供達は身体も心も日々どんどん成長しています。子供達の成長に負けないように、そしてその成長を最大限サポートできるように、我々もさらに成長していきたいと思います。

カテゴリー: blog, 園長ブログ パーマリンク