【園長ブログ】サタデースクールが始まりました。

パルクルでは卒園後の卒園児の英語学習に継続的な支援を実現すること、卒園生同士の相互交流や園との交流の活性化を目的とした、Club Fortisという同窓会グループがあります。

Fortisとはラテン語で強い(strong)や勇気のある(brave)といった意味の言葉で、パルクルを卒園した子供達が強くたくましく、グローバルに羽ばたいていってほしいという願いを込めた名前です。

 

そのClub Fortisという名前を冠したサタデースクールが、協力会社の運営で6月6日の土曜日より始まりました。

http://clubfortis.jp

本当は4月より開校予定でしたが、緊急事態宣言などもあり2カ月遅れのスタートとなりました。

パルクルの卒園生が9名、パルクルのアフタースク―ルからの移籍生などが7名、合計16名(2クラス)でのスタートです。

同等の英語力があるという条件で外部からのお申込みも受け入れていますが、主にはこれから毎年増えていくパルクルの卒園生の受け入れを最優先にしています。

 

パルクルもそうですが、幼児期に英語環境で過ごす保育園・幼稚園が増えている一方で、その卒園生達の英語力をさらに伸ばしていける受け皿が、卒園以降で十分にあるかというと決してそうではありません。

義務教育(小学校)が始まりますと他の科目の勉強も大切ですし、何よりも母国語である日本語の発達も大事であるので英語ばかりしていられない、ということもあります。

公立の小学校でも英語教育が今まで以上に取り入れられているとは言え、幼児期を英語環境で過ごした子達からしたら、公立小学校で取り入れられる英語の授業はその量もレベルも比較になりません。公立の小学校よりも独自に英語教育に力をいれているような私立の小学校でも限界があります。

 

そこで、Club Fortisサタデースクールでは、週1回の土曜日3時間という限られた時間の中で、四技能と語彙をより高めていくための内容の濃いレッスンをしています。

もちろんそれでも、朝から夕方まで、月曜から金曜まで英語漬けだった時と比べたら時間量で劣ることは否めません。

ただ、小学生になり、より効率よく学習するスキルを身に着け始める子供達を週1回3時間のレッスンで効果的に導いていければと考えています。

引き続きサタデースクールの生徒たちの近況もこちらでご報告していきますので、現在パルクルにお通いの皆さんも、これから入園をご検討の皆さんも、ぜひお見知りおきください。

カテゴリー: 園長ブログ パーマリンク