【園長ブログ】参観日(1日目)終了のご報告・御礼

昨日7月15日は今年度前期の参観日の1日目でした。

コロナウィルス感染対策のため保護者様を2グループにわけさせていただいた上で別々の日で実施させていただいておりますが、まず1グループ目の参観が昨日でした。

そもそも5月の予定でしたがコロナウィルスのため延期、そして先週実施分も大雨のため延期と何度も日程の調整を保護者様にお願いしております。にも拘らず、昨日も多くのお父様お母様にご来園いただきました。ご協力誠に有難うございます。

2コマのレッスンをご覧いただき、その後は30分程のお話会を持たせていただきました。当園から、レッスンや宿題のことについて改めてまとめたハンドブックを配布させていただいたり、後半部分は各クラスの保護者様で輪になり少し自己紹介をしていただいたりといった内容でした。

ハンドブックにも書かせていただきましたが、子供達に理想の成長環境を提供するためには、家庭と、園や学校のような施設が、役割分担こそあれ、相互に理解し同じような基準を持って、子供に常に一貫したメッセージを送り続けることが必須であると考えます。

そういった意味で、園側から保護者様にお願いをさせていただくこともありますが、当園については普段から多大なご理解とご協力をいただいておりますので非常に幸運であると感じます。それと同時に園側の責任と期待された役割を引き続き日々実行していけるように、日々気を引き締めて生徒の皆さんをお預かりしたいと思います。

来週22日が第2グループの参観日です。そちらもどうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリー: 園長ブログ パーマリンク