【アヤ先生ブログ】学習習慣をしっかりと身につけていきましょう

新型コロナウィルスがまたまた感染者数を増やしています。
緊張感のある生活のなか、無事にサマ-スクールも終了しました。子供たちだけは、いつもと変わらず皆パルクルでの園生活を楽しんでいます。

毎年のことですが、この時期になると、入園のお問合せを頂きます。もちろん、皆さまにもご案内させて頂いた時のように、お問合せをして頂いたご父兄には、パルクルのスクールの紹介をし、対象クラスのご見学をしてもらっています。

対象クラスのご見学をしてもらった後に、保護者様から「すごいですね!2歳でちゃんと座って先生のお話を聞けるんですね!」「まだ3歳なのに全員静かに机に向かって鉛筆を持って学習されるんですね!」「6歳でこんなにも高度な内容を読み、答え、書けるんですね!」とお声がけを頂きます。

私たちにとっては、日々当たり前のことをして、子供たちとともに、英語で語り、勉強し、遊びを
しているだけなのですが、保護者の皆様は、このような思いを抱き、感動し、ご入園を決めて下さった方が多いのではないでしょうか。

ところが、いつの間にかジョーイズ(年中)カブス(年長)になるにつれ、保護者様のなかには、その感動を忘れがちになり、お子様とクラスメイトの方を比較して焦ってしまわれる方がいらっしゃいます。ほかのお子さんに出来て、自分の子どもには出来ないとなると焦る気持ちは十分に理解できます。

しかし、保護者様には、比較対象にするのを他人ではなく いつもお子さんの学習してきたことを対象に比較し、褒めてあげて下さいとお願いしています。お子さんは、日々パルクルで学習し英語力が上がり、精神的にも、肉体的にも成長していっています。

宿題の提出率が悪く、ユニットごとの確認テストでスコアが優れない子供さんの保護者様には、気にされる方がいらっしゃいますが、私どもスタッフも、PALCLが定めているレベルに到達してもらいたいという思いで、随時懇談にお越しいただいてご相談させていただいております。お話させていただいた後、お家での取り組みが出来ていると自然とスコアにも表れてきます。子供は不思議なものです。少しの大人の手伝いでやれることが飛躍的に伸びます。

以前にも申し上げた様に、宿題を習慣化するということは本当に大切なことです。
どんな習い事も、習得→練習→実践+定着→課題を知るというサイクルがあり、英語の習得も同様です。
習得(クラス内レッスン)→練習(クラス内レッスン)→実践(教室外での自由時間やランチタイム等)→実践(PALCLの先生達やお友達と話す)定着(宿題)と考えて下さい。これにプラスして、定着をするためには、少しの時間ですが、ご家庭での学習は必要不可欠になります。
宿題としてお渡ししている課題には、単に英語の読み書きを習得させるだけではなく、日々色々なポイントから出すようにしています。
日本人スタッフは、子供たち1人1人の成長を見守る過程の中で、みんなが、平均的にできてほしい事を考え宿題を出しています。サマースク-ルもお盆も終わり、また本格的に園生活が始まります。
スタッフ一同、子供たちが、お家で宿題をやることが楽しくなり、子供たちの宿題100%の提出率を目指して頑張っていきたいと思います。

カテゴリー: アヤ先生ブログ | 【アヤ先生ブログ】学習習慣をしっかりと身につけていきましょう はコメントを受け付けていません。

【保育士ブログ】読書TIME

 

絵本を楽しむ子どもたちの姿です 📖✨

IMG_5015

読書を通して多くの単語と表現に触れ、新しい知識を吸収することが出来ます!!

IMG_5014

想像を膨らませながら広がっていく世界に、これからも楽しんでほしいと思います(*^^*)🌟

 

松本な

カテゴリー: blog, 保育士blog, 園の様子 | 【保育士ブログ】読書TIME はコメントを受け付けていません。

【保育士ブログ】ディスカバリークラスみんなでバルコニーへ!

 

梅雨があがり、暑い日が続いていますね。

水分補給と気温等を注意して活動しています。

今日はランチ後にバルコニーへ出ました!

2020 Discovery_200807 2020 Discovery_200807_0

”Run!Run!Run!”と言ってお友達と一緒に走り回ったり、

何かを見つけて”What’s this?”と聞いたり、

色んなものに興味を示していました。

自分の家を探して、”My house is there.”なんて言っている子も・・・🎶

この頃のディスカバリーさんはspeakingがとても伸びてきています。

そして今月からpenmanshipに取り組んでいます。

吸収力の早い子ども達は自分で鉛筆を持ちなおし書いています。

毎日子ども達の成長に驚いているスタッフ一同です。

休みに入る子達も多いので、お体にはお気をつけてお過ごしください。

 

松本 みなみ

カテゴリー: レッスン:パーク・音楽・体操・クラフト, 保育士blog, 園の様子 | 【保育士ブログ】ディスカバリークラスみんなでバルコニーへ! はコメントを受け付けていません。

【家庭でお子様と使える英語④】ホームワークのサポートの時に使うフレーズ

保護者様からホームワークをサポートする際に使う声かけフレーズについていくつか問合せをいただきました。

・「色を塗るんだよ」
・「切って貼るんだよ」
・「えんぴつを持って」
・「合う動物に〇をつけて」
・「こっちはこの色(これらの色)で塗ろう」

順番にみていきましょう。

 

・色を塗るんだよ

「色を塗る」という動詞はcolorという言葉があります。
色という名詞でも使う言葉ですが、色を塗るという動詞にもなります。
Let’s color this ANPANMAN picture!(このアンパンマンの絵を塗ってみようか!)

動詞ですから、例えばshop(買い物をする)という動詞にingをつけてshopping(買い物)という動名詞にしたり、fish(魚を釣る)という動詞がfishing(釣り)という動名詞になるように、colorもcoloringという動名詞(塗り絵、色塗り)としても使えます。

He likes coloring very much. (この子(男の子)は塗り絵がとても好きです。)

「~をするんだよ」という文尾のニュアンスはその時どきによってもバリエーションもありえますから、
色を塗る、という問いかけに答えないといけないよ、という指示の感じを強くするのであれば、

You should color it. とかYou should color here.

色を塗ってみようか、と促すような場合は

Let’s color it. とか Let’s color here. という風に言えますね。

 

・切って貼るんだよ

これについては、色を塗るんだよ、の少しの応用で対応できると思います。
切るはcut、貼るはstickという動詞がそれぞれ使えます。

貼るについては、putという動詞も使われます。
(put=置くと覚えてしまっている場合は、少し頭を柔らかくしてputという動詞のイメージを捉え直す必要がありますが、それはまた別の機会に。)

You should cut it and stick it here.
You should cut it and put it here with glue.
それを切って、ここに貼りましょう
(putについては、糊で接着するというニュアンスが薄れるので、細かく指定するには、with glueというのがある方がよい場合もあります。でも、糊でつけるということが言わずもがなの場合は省略ももちろん可能です。)

指さしができる範囲であれば、hereですが、少し離れている場所を指定する場合は

You should cut it and stick it there.

また、切って貼るものが複数ある場合は

You should cut them and stick them here.

と単語を置き換えないといけないのは、英語ならではのひと手間ですね。

 

・えんぴつを持って

鉛筆はpencil、持つはholdを使うのがいいでしょう。
haveは所持している、所有しているというニュアンスが強い「持つ」です。
道具を使う際にその道具を手にとるという意味での「持つ」はholdが適当です。

Hold the pencil.でいいですね。

少し突っ込んだ話になりますが、もし複数の鉛筆があって、その一本を手に取ろう、という場合は

Hold a pencil. にもなります。

 

・合う動物に〇をつける

〇をつける、という動詞はcircleが使えます。

「色」という名詞だけでなく「色を塗る」という動詞としてもcolorが使えたように、circleという動詞も、「円・丸」という意味での名詞としても「〇をつける、〇で囲む」という動詞としても使えます。

合うというのは、この場合は、二つのものが適合するということですので、日本語でもマッチングと言ったりするように、matchという動詞を使い、形容詞的にするためにingをつけて、

Circle the matching animal. でいいですね。

 

・こっちはこの色(これらの色)で塗ろう

これは上の他の表現以上に色々な言い方ができます。

まず、この色はthis color, これらの色はthese colorsですね。

動詞は上の例で行くと、colorでいい気がするかもしれませんが、動詞colorの後には塗る対象の物が来るのが普通で、使う色が来ることはありません。

具体的には、color the red color ではなくて、color this pictureという感じです。

ですので、まずこの場合の動詞はuseやputを使うのがいいですね。

Use this color for this. (for this は「この部分には」というニュアンス)

Put this color here. (ここにはこの色を入れよう、というニュアンス)

Use とputで、for this とhereと別れるのは、また少し別途説明が必要なところですが、ここでは便宜上割愛します。

また、colorという動詞を使うことも可能は可能です。

ただ、先ほど書いたように、colorの後には、塗る対象の物がくるので、使う色は少し後で添えます。

Color this part with red.(この部分は赤で塗ろう)

Color this part with this color.(この部分はこの色で塗ろう)

Color these parts with these colors.(これらの部分はこれらの色で塗ろう)

と、使う色は前置詞withを使って添えてあげるといいと思います。

 

いかがだったでしょうか?

前置詞を使いわけて、for this, with this colorとなってくると少し難しく感じる部分があるかもしれませんが、前置詞については一つひとつ使えるフレーズのレパートリーを増やしていく中で、いつのまにかそれぞれの前置詞の使い方の共通要素が見えてくることも多分にあるので、あまり最初は深く考えない方がいいかもしれませんね。

他の保護者様も、何かこの手の質問があればいつでも連絡帳などでお知らせください!

カテゴリー: 子育て英語 | 【家庭でお子様と使える英語④】ホームワークのサポートの時に使うフレーズ はコメントを受け付けていません。

【園長ブログ】サマースクールがはじまっています

今週1週間+来週火曜日1日の計6日間のサマースクールがはじまっています。プレスクールの卒園生達を中心に10名~15名の小学生が日々参加してくれています。

英語環境で毎日日替わりのテーマでアクティビティに取り組んでいます。

昨年まではプレスクールも一緒に、サマースクールというテーマでいつもと違うレッスンをしていましたが、今年は小学生の夏休みも短くなっていることや、小学生・プレスクール合同にするとどうしても部屋の「蜜」が高くなってしまうこと、今年度はプレスクールのカリキュラム自体も4月5月6月の情勢を受けて予定通りに進んでいなかった部分もありキャッチアップが必要な事、などの事情もあり、今年度はサマースクールは小学生のみという設定で実施させていただいています。

また来年度以降も、プレスクールの人数自体が拡大していることもあり、どのような形でサマースクールを実施できるか、その都度ベストな形を検討していく必要があります。

とにもかくにも、今年度は卒園生やアフタースク―ル生の小学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちを横目にプレスクール生は普段の生活をしています。一部使用教室の変更など、プレスクールの生徒達にも協力をしてもらっている部分もあり、保護者の皆様におかれましてもご理解をいただいていますことに改めて感謝申し上げます。

S__40092053

サマースクールで来ている多くのプレスクール卒園生は、この3月までプレスクール生だった子、昨年、一昨年に卒園した子などが多くおり、彼ら彼女らの成長を見ていると、時の流れの速さを感じますね。

翻ってプレスクールの在園生を見ると、彼らの貴重な幼児期もあっという間に過ぎ去ってしまうことも明らかで、日々1日1日を大切に、色々な刺激を与え続けていければと思います。

梅雨は終わりましたが、毎日暑い日が続いています。我々自身も健康に留意して、子供達の健康も見守りながら、夏を乗り切っていければと思います。引き続きのご協力を宜しくお願い致します。

カテゴリー: 園長ブログ | 【園長ブログ】サマースクールがはじまっています はコメントを受け付けていません。