パルクルインターナショナルとは

 パルクル・インターナショナルは、独自のカリキュラムを用い、小学校入学時に英語と日本語を話すバイリンガルの育成を目指した教育施設です。

 子供達は認可外保育施設の運営基準に基づいた安全・安心の小人数体制で、日々の充実したレッスンと様々な行事を経験しながら、将来グローバル社会で生活するための基礎を養います。

 また英語をはじめとした幼児教育といった認知能力だけでなく、幸せな人生を送る基礎となる非認知能力も総合的に身に着けるために、子供達を温かく見守り指導します。

通常の保育園とパルクルの違い

パルクルは認可外保育施設として西宮市に届を出し、認可外保育施設指導監督準に則り日々の生活の安全と安心を確保しています。

しかし、保育と教育の一体化という私達の考える最適の環境を子供達に提供するため、安全・安心の保育の土台の上に、独自のカリキュラムと時間割を組み、大事なお子様を日々お預かりし指導しています。

その中で、通常の保育施設ではより手厚く提供される生活面のケア、例えばトイレトレーニングは基本行っておりません。また食事においても必要以上に長く時間を割き一人ひとり丁寧に食べさせるといったことは行っておりません。そういった生活面の成長についてはご家庭での保護者様の多分なご協力をお願いしながら、パルクルとご家庭が連携して幼少期というお子様の一生の中で限られた大切な時間を過ごす環境を提供するという方針で運営しております。

また園での大半の時間は英語環境で過ごすため、通常の保育施設や幼稚園よりも日本語による刺激が少ないことは否めません。それに関しても、パルクルで英語をたくさん吸収する分、ご家庭ではご家族の皆様から沢山日本語でのお声かけや会話を持つことをお願いし、その二軸を合わせて、理想的なバイリンガル環境を創り上げることを目指しています。

まだまだ新しい園ではありますが、これまで保護者様との協力関係の下、私達が自信を持ってご提供するカリキュラムの中で素晴らしく成長した卒園児達を送り出してきました。ご入園をお考えの保護者の皆様におかれましては、ぜひご理解とご協力を賜ります様、何卒宜しくお願い致します。

保護者様向けのハンドブックの一部を公開しています。ぜひご覧ください。)

名前の由来

パル=PAL (英語:仲間、友達)

クル=来る(日本語)

国境や色々な壁を越えて友達や仲間を沢山作り、豊かな人生を歩んでいく子供達を増やしたい、という願いを込めました。
 

進度を知る上での英検への挑戦

パルクルでは定期的に英検と英検ジュニアに挑戦しています。
英検に関する方針や実績についてはこちらをご覧ください。

卒園生同窓会 Club Fortis(クラブ フォーティス)について

2018年3月に設立しました。卒園後の卒園児の英語学習に継続的な支援を実現すること、卒園生同士の相互交流や園との交流の活性化を目的としています。

Fortisとはラテン語で強い(strong)や勇気のある(brave)といった意味です。パルクルを卒園した子供達が強くたくましく、グローバルに羽ばたいていってほしいという願いを込めました。

また、2020年6月より具体的な卒園後の英語力の維持・成長の一環として、小学校に進学してから通えるサタデースクールをスタートしました。サタデースクールについてはこちらをご覧ください。

★★★卒園生のご活躍一例★★★

2020年卒園のN君(現在小1)卒園後も学校や家庭でも勉強を続け、今回英検2級を取得しました。

準2級あたりから語彙やリーディングが取り扱う概念自体が低年齢の受験者には難しい部分も多くなる英検ですが、その難関を乗り越え見事に合格されました。

ご入園に関する資料請求やお問合せはこちらからお送りください。